【最短3日の、】リテールマーケティング(販売士)検定 2級 合格体験記【省エネ勉強法】


※この記事に関しては、個人的な感想が多く含まれており、あくまで参考として自己責任でお読みください。
 

ポイントを押さえれば、短時間の勉強でも合格できる資格

 テキストをご覧になった方はお分かりになるかと思いますが、リテールマーケティングに出題される幅広い知識を網羅しよう(テキストをしっかり読み込もう)と思えば、なかなかの時間と労力が必要になるかと思います。しかし、「リテールマーケティング(販売士)検定2級に合格する」という意味だけで言えば、ポイントを押さえれば短時間の勉強でも合格できる資格となっています。

【 リテールマーケティング(販売士)検定 2級の概要 】
・受験人数:実受験者5239名(第80回2017年7月8日)
・合格率:おおよそ50%前後(≒そんなに難しい資格ではありません)
詳細のデータはこちら(販売士資格情報サイト)をご参照ください。
 

【読む解説】最短3日の省エネ勉強法【読まない問題】


勉強時間:
 3日間で10~12時間程度
費用:
 9,828円(内訳:テキスト代2冊2,808円 + 受験費用7,020円)
テキスト:
 下記の「リテールマーケティング(販売士)検定2級問題集」のPart1、Part2
 リテールマーケティング(販売士)検定は幅広い分野でのメジャーな試験ではないので、必然とテキストも絞られてきます。受験会場で他の受験者が見ているテキストも大体がこちらのテキストになります。またこの2冊のみで十分合格点をとることができます。また個人的には「合格に最短3日ぐらい必要だろう」と思っていますが、要領が良い方は「前日 + 試験当日の朝」ぐらいで合格できてしまうかもしれません。
 
省エネ3日勉強法のカギ!神問題集 “リテールマーケティング(販売士)検定2級問題集 Part1、Part2”

3日で合格する為のスケジュールとしては、ざっと下記のような感じになります。
・1日目…直近の過去問をざっと目を通す。
    1冊目(Part1)の問題集の解説部分(一部問題文)を速読
・2日目…2冊目(Part2)の問題集の解説部分(一部問題文)を速読
・3日目…1冊、2冊の総復習(ポイントをおさえる)

 まず過去問に軽く目を通して、出題の形式を把握してください(過去問リンク)。前提として、2級はマークシート方式であり、記述問題は出題されません。その為、専門用語等の正確な意味を詳細に記憶する必要はありません。過去問を見ると聞きなれない単語が並んでいる為、難しそうに見えるかもしれませんが、恐らく、初見で解ける方はほとんどいないので、気遅れする必要は全くありません。軽く目を通すだけで十分です。
 
 問題集(テキスト)の解説のみを読む → 3日で合格するには、問題集に出てくる問題文を読んでいる時間はありません。解説(のさらに重要ポイントのみ)を速読→ぼやっと記憶を心掛けていました。当たり前ですが、「いかにポイントを絞り、効率良く(ぼやっと)覚えるか(≒合格に必要のない部分を飛ばすか)」が最短合格の何よりのポイントです。勿論、問題文によっては出題を読まないと意味がわからないものがあるので、そちらについては時々問題文も読んでいました。
 ※ 問題集の問題は、本試験と比べて難しいものが結構あるので、出来るに越したことはありませんが、解けなくてもあまり焦る必要はないと個人的には思います。
 
 3日目(当日?)には、テキストにある「これは毎回のように出題されている or 過去に出題された」辺りを重点的に復習しました。
 

試験問題の傾向と試験本番


※ 大阪の受験者の会場となったマイドーム大阪。当日電卓とアナログ時計を忘れた方は、売り切れてなければ近くのファミリーマート(内本町西店)にあると思います。

・正誤問題がややこしい
 → 「おおよその意味」「ぼやっとした記憶」を頼りに、問題文を読んでみて、自分が勉強した内容と異なるような違和感を感じるものを「誤」とする感じで回答しました。
 
・計算問題はそこまで難しくない
 → 地力がある方は、全く勉強してなくても満点が取れる。
 → ポイントとしては、計算問題の全問正解を目指す事自分の導き出した答え(考え方)が、全問にわたって解答の選択肢として挙がっている事を確認し、間違っていれば全問見直すと良いと思います。

・もし試験後、すぐに答え合わせしたい方は、試験当日にユーキャンさんが解答速報を出してくれます(ユーキャンの解答速報)。速報は、2級3級のみであり、1級はありません(2018年2月現在)。試験会場にて案内をしてくれますが、合格発表の速報を送ってくれる商工会議所のサクラサクメール(リンク先は大阪商工会議所のサクラサクメール)に登録しておきましょう。
 

合格後の感想


 今回筆者は単なる趣味受験でした。幅広く小売業・販売に関する知識が得られる事は勿論メリットですが、率直に言うと個人的には「合格によって自信がつく事」が一番のメリットでした。合格すると、カードサイズの認定証と賞状のような合格証書を貰えます。なお有効期限は5年であり、期間を過ぎても資格を保有しておきたい方は、資格更新手続き等が必要になります。
 
 社会人になると学生と違って試験を受ける事が少なくなります。学生に戻った懐かしさを経験してみたい方や、ちょっと自信を付けたい方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
 
こちらの記事に関するお問い合わせ・ご連絡は下記フォームよりお願い致します

お問い合わせ
必須 お名前(※匿名可)
必須 メールアドレス
必須 お問い合わせ内容


※ 送信ボタンは1度だけ押して下さい。ダブルクリックすると、送信完了メールを重複して送信してしまう可能性があります。

お客様の個人情報はSSLにより保護しておりますSSL GlobalSign Site Seal